実物を手にしていなくても

例えば店頭で靴を買う場合、いろんな角度から眺めて見ますよね。それに比べると、こういうバーチャルなシステムは、やっぱり実際に手に持って見たり触れたりってことができないので、やっぱり不安はあります。試し履きもできないですしね。

でも、例えば「他のアングル」というボタンをクリックするとこんなふうにいろんな角度から製品を見ることができるので、大体のイメージは掴めるようにできてます。「なるほどね〜」と息子も感心してましたよ。

パーソナルIDが付けられる

NIKEiD.のシューズには、「パーソナルID」を入れることができるんです。息子が選んだこのシューズの場合は、ヒールの部分に入るんです。NIKEとロゴが入る代わりに自分の好きなIDを入れられるってわけ。

字体を変更することができたり、左右で違う文字を入れることも可能です。これはアイディア次第でいろんな活用方法が考えられますよね。名前を入れるもよし、自分の背番号を入れるもよし、わが子の名前、好きなアイドルの名前、何でもいいですよね。

作成したデザインは、マイロッカーに保存しておくことができます。保存したデザインは、いつでも引っ張り出してまたカスタマイズの手を加えることもできるし、購入手続きに進むこともできます。とりあえず、いろんなデザインを作ってみてどんどんロッカーに保存して、その中から選んで注文するってこともできるんですね。

壁紙も作れちゃう

こういう遊び心がいいなあ〜って思ったんですけど、自分でカスタマイズした物をデスクトップ用の壁紙にできちゃうんですよ。

これってちょっとうれしいですよね。ちなみに完成形はこんな感じです。

現在、私のパソコンの壁紙は息子のシューズがバーン!と載ってます。

 

次のページさあ、注文しましょうへ⇒

 

Copyright (C) NIKE iD(ナイキiDオーダーメイド)注文してみた。. All Rights Reserved.